初期費用が安くて人気のコインパーキング経営

お金
  1. ホーム
  2. コストを抑えた家をつくる

コストを抑えた家をつくる

お金

土地の選定基準

コインパーキングとは、不特定多数の利用者が空いている駐車スペースに駐車し、利用した時間分の料金を自動精算機に支払う駐車場のことです。このコインパーキングは、2006年の道路交通法改正により駐車違反の取り締まりが強化されたことも相まって需要が高まっています。この需要を受けてコインパーキングの経営を始める方が増えています。コインパーキングも土地を活用して利益を上げるという点で、不動産経営の一形態ということになります。経営という観点で考えた場合、コインパーキングとして土地を活用して収益を上げることができる土地を選定するということが重要になってきます。収益を上げることができる土地の基準ですが、絶対的に数のニーズがあるところを選ぶべきです。具体的には、駅前や街の中心部等の人の往来や車両の交通量が多く、慢性的に駐車場が不足しているような場所です。そして、さらにそこで路上駐車が多数見受けられるような場所であればよいでしょう。次に、そのような場所では他にもコインパーキングを経営する者がいるでしょう。そのため、その者と比較して優位になるために、交通量が多い道路から駐車する方用に入りやすい土地で、その駐車スペースに止めやすいかどうかを検討すべきです。また女性ドライバー等で駐車に苦手意識がある方にとって、道路から入りやすい駐車場は好まれます。また駐車場内で駐車スペースに止めやすいことも駐車場を選ぶ基準となるからです。さらに、近隣に大型商業施設等の無料で駐車できる場所がないかもチェックするべきです。このような施設があれば金を払って止める需要がないからです。これらの現地調査を専門の会社に依頼することもできるので、事前調査を行って経営を始めるとよいでしょう。